浴槽ヒビ割れリペア

2022/05/06 ブログ
施工前

東京都の管理会社様からの依頼でした。

浴槽が割れているのですが、補修できますか?

と、問い合わせ後に写真を送ってきてくれました。

浴槽の内側ですと、ちょっとやりたく無かったのですが、

外側だったので、なんとかなるな〜と思い、

引き受けることにしました。

浴槽の内側の割れですと、浴槽専門にやっている業者に頼むのですが、

全塗装になってしまい金額も14万円くらいになってしまいます。

昔の浴槽ですと、横の部分がカバーみたいになっていて、

薄い鉄板に塗装されているのですが、

今回は横の部分も、浴槽と一体型になっていました。

材質はとても硬かったので、作業的にはやりやすかったです。

押すとペコペコ凹んでしまう材質では、とても作業が困難になってしまいます。

施工後

補修方法は、割れている部分に傷をつけて、

割れている部分内に接着剤を入れガッチリと固めます。

表面をパテでならして研磨します。

表面がなだらかになり下地が終わったら、着色に入ります。

スプレーで塗布するので、大きく養生をします。

養生が出来ましたら、着色に入ります。

色が決まり、周りの色と遜色無ければ、仕上げのコーティングします。

コーティング剤が乾かないうちに養生を剥がします。

しっかりドライヤーで乾かします。

乾きましたら、浴室内の掃除をして完成です。

これで誰も、浴槽が割れていたとは気づく事は無いと思います。