東京都足立区床リペア

2021/11/08 ブログ
施工前

東京都府中市の管理会社様からの依頼でした。

足立区賃貸マンションの床に傷があるのですが、

リペアをお願い出来ませんでしょうか!

と、問い合わせがありました。

なので早速行って来ました。

ドアを開け締めした時の傷なんでしょうね。

ドアの下が当たっていると思いました。

なので床だけ補修しても直ぐにまた傷が出来てしまいますので、

ドアを外して下の方を少し削りました。

施工後

この作業が終わり、ようやく本題の床補修に入れました。

補修方法はパテで平らにするか樹脂なんですが、

今回は樹脂では、綺麗に行かないと思いパテを入れました。

パテを入れて研磨すると着色する部分が大きくなってしますのですが、

致し方ない事です。

この方が綺麗に行くのです。

しかし着色、調色に費やす時間はけっこうかかってしまいます。

補修仲間間でも皆、線傷は嫌がりますね。

嫌がる理由は、時間かかるし、色合わせがちょっと大変だからです。

補修屋だろ〜と、言われてしまいますが。

着色が難しいから補修屋さんに頼むんですよね。

さてと、パテを入れて研磨し、着色を行って行きます。

この時、ずっと近くで着色していると色が合っていると思っても、

時々、一度離れて遠くから色が合っているか?

何度も確認します。

色が決まれば、木目線を描き、コーティングして完成です。