浴室壁リペア(東京)

2021/11/05 ブログ
施工前

東京のリフォーム会社様からの依頼でした。

賃貸アパートのユニットバスで、壁が膨らんでしまっていて、

中から錆が出てきて、ボロボロと剥がれてきているんです。

これ! なんとかなりますか? と問い合わせがありました。

大変ですけど、なんとかなると思います。

と、お答えしました。

リフォーム会社の担当者様とお話すると、壁を補修した後にシートを貼って頂きたい。

最後にシートの縁をシリコンでコーキングして頂きたいと。

施工中

浴室の壁にシートを貼るときには、設備屋さんに鏡やシャワーホース、洗面ボールなど、

取り外して頂きます。

なのでスケジュールを調整して頂き、早速行って来ました。

膨らんでいる部分に巾木のような物が取り付いていましたので、

容赦なく剥がしてみると、酷い事になっていました。

壁一列10センチほどの穴が空いてしましました。

予想を遥かに超えて、状態の悪い事になっていました。

作業初日は一日かけて下地処理を行いました。

パテの削り粉で、上から下まで真っ白になりました。

この施工で一番大変なのは下地処理です。

下地処理が出来れば、終わりが見えてきます。

この段階から着色することも出来るのですが、

今回はシート貼りですので、綺麗に掃除して

プライマーを塗って行きます。

2日目は、貼りやすい大きさにシートを切り、

貼って行きます。

貼り終わったら、コーキングを打つのでマスキングテープを貼ります。

周りのシートの色に合うよう部分的にコーキングの色を変えて、

コーキングします。

終わりましたら、マスキングテープを剥がして完成です。

あれだけ酷かった浴室が綺麗になりました。

膨らんでいた部分、剥がれてしまった部分は全く分からなくなりました。

依頼して頂いた担当者様が、感激してお電話してくれました。

今後も、喜んでいただける施工を行って行きます。

 

施工後
施工後