東京敷居リペア

2021/11/05 ブログ
施工前

東京の管理会社様からの依頼でした。

賃貸マンションの引戸の敷居レールが、割れて剥がれてしまっているのですが、

リペアで綺麗になりますでしょうか?

と、問い合わせがありました。

綺麗になると思いますとお答えしましたが、

嫌なのが、敷居と床の間が少し空いていて、

補修しても人が足で踏んだ時に、また割れてしまう事です。

床にもクッションがあるので、敷居と床を接着させる事が出来ず、

この点を考えて施工しました。

 

施工後

床が沈まないフローリングでしたら、パテを入れて加工するのですが、

硬いパテを入れて施工してしまうと、フローリングを踏んだ時に、

補修した敷居が直ぐにひび割れてしまうのです。

なので、この点を考えて施工しました。

割れて剥がれてしまった部材は無いので、

厚さがほぼ同じ木材をあてがって接着し、

周りと同じような形状に加工しました。

形が整ったら、着色に入ります。

スプレーも吹くので、周りをしっかりと養生します。

まず下塗りを行い、だいたい色があったら、

違う塗料で周りと同じ色に極力合わせて行きます。

色が決まりましたら、木目線を微妙に入れて、

最後にコーティングして完成です。

既存の敷居でも壊れるのですから、リペアしたからっとはいえ、

強度は増している理由ではありません。

あまり入居者さんが敷居を踏まない事を祈ります。