床のリペア(西東京市)

2021/09/21 ブログ
施工前

調布市の管理会社様からの依頼でした。

西東京市の賃貸マンションで、床にポツポツと膨らみがあるのですが、

リペアで綺麗に仕上がりますでしょうか?

と、問い合わせがありました。

何でしょう?

こんな気持ち悪い状態の床は初めて見ました。

依頼はお引き受けして、早速行って来ました。

正直気持ち悪かったです。

綺麗に掃除してありましたが、更に掃除し施工に取り掛かりました。

施工中

とにかく床表面を平らにするために、表面から出ている部分を切り落としました。

切り落として、剥がれてしまう部分は剥がしました。

なんでしょう?

このフローリングは厚さ1mmから2mmしか無く、

中に水が侵入して、中で膨張し膨らんで、このような状態になったようです。

水が侵入していると良くないので、乾かしてから施工に取り掛かりました。

パテを入れて表面を平らにするので、表面をヤスリで研磨します。

次にパテを入れて乾燥後研磨しました。

フローリングの溝もしっかり削り線を出します。

ここまでの作業で粉だらけになるので、また掃除して綺麗にします。

施工後

これで表面が平らになりましたので、

ようやく着色に入れます。

着色する部分以外は養生してしましますので、

塗っている色と周りの色が合っているのか?

分からなくなるので、時折養生を剥がして確認します。

色が合えば、後は木目線を描いてコーティングして完成です。

最近のフローリングはノンワックスが多いので、

艶あわせで、ちょっと苦労します。

ですが、なんとか仕上がりました。