八王子市でフローリングのリペアしました

2020/07/04 ブログ
施工前

国分寺市の管理会社様からの依頼でした。

八王子市のマンション床に小さな凹みや傷があるのですが、

お願い出来ますでしょうか?と依頼がありました。

なので早速行って来ました。

陽がさすところなので、角度によっては凄く目立ちました。

小さいので樹脂を入れるか?パテを入れるか?迷いました。

本当に表面を平らにしないと補修箇所が分かってしますので、

今回はパテを入れる事にしました。

 

 

施工中

パテを入れる前に、下地処理を行います。

打痕傷は、凹んでいる部分の周りが盛り上がっているからです。

その部分を削るか押してあげるかして、表面より低くしてあげます。

その後、パテと色が着きやすくなるよう表面に細かい傷を入れてあげます。

ここまで出来ましたら、パテを入れます。

乾燥後、パテを研磨します。

初めは、ヤスリの目が荒いものを使い、徐々に細かい番手に変えて行きます。

施工後

下地処理が出来ましたら、ようやく着色に入って行きます。

着色方法は色々ありますが、自分が得意とする方法が良いと思います。

さすがにガンやエアーブラシで行う人はいないとおもいますが。

色が合い、違和感なくなったら最後にコーティングして完成です。

ここで注意しなければならないのは、艶です。

この場所は陽射しで、ものすごく目立つところなどで、

フローリング板1枚単位で養生をして、仕上げのコーティングをします。

これで完成です。