武蔵野市で床のリペアしました

2020/02/06 ブログ
施工前

調布市の管理会社様からの依頼でした。

武蔵野市の賃貸マンションで、床の剥がれがあるのですが、

補修で行けますでしょうか?

比較的新しいマンションで、よくある床の剥がれです。

本当のフローリングでは無い感じです。

表面にシートのような物が貼ってあり、雨や陽射しによって劣化し、

表面がパキパキになり、剥がれてしまった感じです。

その下は、ダンボールのような、木を圧縮したような材質のも出来ていますが、

水分をふくむと膨張してしまい、とても厄介です。

昔ながらの本当の木を使ったフローリングでも、

日光や雨で劣化してしまうのですが、どちらが良いのでしょうか?

 

 

施工後

施工方法は、まず剥がれている部分と、剥がれそうな部分の表面を切ってしまいます。

軽くヤスリをかけて、表面に傷をつけます。

次にパテを入れます。

乾燥しましたら、ヤスリで研磨して表面の段差を無くします。

ここまで出来ましたら、周りを綺麗に掃除し、着色に入ります。

一番難しいのが、色合わせだと思います。

この下地処理をしないと、段差も出ますし、綺麗にはいきません。

一般の人は、ホームセンターに売っているものでやってしまうのですが、

殆ど綺麗にいかない事が多いです。

着色剤も色々ありますが、状況によって変えていきます。

着色が終わりましたら、木目線を描き、コーティングして完成です。