府中市で床のリペアしました

2020/02/06 ブログ
施工前

調布市の管理会社様からの依頼でした。

府中市の賃貸マンションで、床に大きな黒い染みがあるのですが、

リペアで綺麗になりますでしょうか?

お写真を頂いた時、マジですか?かなり広いな〜

大変だな〜と思いましたが、出来ます!とお答えして

早速行ってきました。

一日で終るかな〜と思いましたが、やはり無理でした。

床表面の剥がれは無かったのですが、

さすがに面積が広くて大変でした。

施工後

どのように施工するかと申しますと。

全体をまずクリーニングします。

着色剤やコーティング剤がしっかりと着くように表面に薄く傷をつけます。

表面のワックスも出来るだけ取り除きます。

ここまで出来ましたら、着色に入れます。

まず、黒い染みを消すために薄い(白系)の色を入れて行きます。

入れたい色を着色しても、中から黒さが浮き出てしまします。

なので、下地として一度白くします。

ここらら周りの色に合わせて着色しますが、

フローリング一本一本色の差をつけて着色するのがコツです。

とにかくベースの色が出来ないと始まりませんが。

着色が終わりましたら、次は木目線を描いて行きます。

なんせ畳一畳はある着色、木目線描きなので、大変です。

木目線も、フローリング一本一本変化を与えて描いて行きます。

あまり描きすぎると不自然になってしまいますので。

出来ましたら、最後にコーティングして完成です。