府中市で床の補修(リペア)しまいた

2019/10/17 ブログ
施工前

府中市の掃除会社様からの依頼でした。

府中市の賃貸マンション床に焦げた跡があるのですが、

補修(リペア)で綺麗になりますでしょうか?

と問い合わせが来ました。

もちろん綺麗になると思いますが、

この焦げ跡は何で出来たのでしょうか?

おそらく電球っぽいのですが?

どのように補修(リペア)するかと申しますと、

ちょっとこの上から色を着けるのは気分が良くないので、

黒い部分を少し削り、パテを入れます。

 

施工後

パテが乾燥したら研磨して平らにします。

研磨した粉など綺麗に掃除して、着色できる環境を作ります。

スプレーなど吹くので、周りに養生します。

着色の方法は色々ありますが、

今回は下地にエナメルペイントを使いました。

ですが、これでは色が決まらないので、違う方法で色を着けて行きます。

今回のこの場所は日差しが入り、色も艶も良く見えてしまう場所ですので、

頭を動かして色々な角度から、色、艶を確認して作業しました。

「方向変色のフローリングでしたら、どんな事をしても色が合わないのですが」

このフローリングは最近よくあるノンワックスのフローリングです。

ですので艶を出さないよう施工します。

シーラーの塗り過ぎでも艶が出てしまいます。

色が決まりましたら、木目線を描きます。

最後に艶の出ないコーティングで完成です。