調布市で、ドア穴補修しシート貼りしました。

2019/09/15 ブログ
施工前

調布市の管理会社様からの依頼でした。

賃貸物件でクリーニングも終えて、空き部屋になっていたのですが、

誰かが侵入し部屋を荒らし、ドアに幾つもの穴を開けたと!

穴が沢山あるので、現調に来て欲しいと。

さっそく現調に行き、ちょっと補修が大変ではありますが、

大丈夫そうなので、シートの色を選び、お見積りを出しました。

引戸2枚横並びでしたので、2枚ともシート張替えで。

さっそく依頼がきましたので、作業に行って参りました。

施工中

作業がやりやすいので、引戸は外し床に寝かしました。

作業始めると、大きい穴は現調の時分かりましたが、

小さな凹みも沢山あり、バール持って暴れたのかな?

シート貼ると小さな凹みなども出てしまうので、

全ての穴、キズ、凹みも補修し平にしました。

手間がかかるのは、ドア内の枠です。

反対側は外れるのですが、シート貼る面は接着剤で留めてあるので、

外れないのです。

なので内枠を外さずにシートを貼ります。

綺麗に汚れ、削り粉を掃除してプライマーを塗り、乾かします。

乾きましたら、手で砂粒一つも無い事を確認してシートを貼ります。

砂粒、髪の毛1本でも入るとシート表面に出てしまします。

要らない部分を切り完成です。

施工後

あれだけ穴が開いていて、ボコボコだった引戸からは想像つかず、

新品の引戸に変わりました。

正直、補修よりシート貼りの方が仕事上好きです(新品のようになるので)

補修だと(色が合わない、艶が合わない)とかが無いので・・・