府中市で、床の色褪せをリペアしました。

2019/08/04 ブログ
施工前

調布市の工務店様からの依頼でした。

床の色が抜けているので、何とかなりますか?

お写真を送って頂き、着色のみで大丈夫と判断しました。

よくあるのが、ペットのおしっこで床が腐食してしまうこと。

そうなると柔らかくなってしまった部分を取り除き、

下地から始めなければなりません。

 

施工後

今回は、着色のみですので比較的料金も抑えられました。

料金に関しましては、状況によって違いますので、

料金表にするのは本当に難しいのです。

今回は30000円(税別)でやらせて頂きました。

ほぼ一日かかりました。

着色と言っても、ペンキやニスを塗るのと違います。

フローリングは1本1本、色や木目線が違いますので、

微妙に色の差を出しながら、着色します。

ガンで吹く施工にしても、筆で塗る施工にしても、

周りの色と合わせるのは、難しいことです。

工務店、管理会社の人が出来ると思い、手をつけることも

ありますが、だいだい失敗に終わり施工前より酷いことに

なる事が多いです。

補修屋としては、手をつけないで頼んで欲しいな〜と、

個人的な感想です。

着色は、今回筆を使い下地に色を入れ、弊社独自の方法で、

フローリング1本1本着色し色を合わせました。

次に木目を描いて行き、最後にコーティングしました。

これで完成です。