小金井市で玄関ドアのリペアしました

2019/08/04 ブログ
施工前

調布市の工務店様からの依頼でした。

室内を部分的にリフォームするのですが、

玄関ドアは、取り替えずにリペアで行きたいと!

正直、リペア出来ない事はあまり無いのです。

取り替える金額と、リペアする金額がどれだけ違うか

だけだと思います。

施工後

お願いされたのは、ドアだけですが、

ドア枠のペンキも剥がれていましたので、

サービスで色だけ着けました。

玄関ドアに、玄関ドア専用シートを貼る方法もあります。

今回は一部でしたのでリペアで行くことになりました。

どのようにリペアしたかと申しますと、

鉄のドアが一部潰されて出っ張っていたので、

戻して研磨しました、凹んでしまった部分には

パテを少し入れて平坦にしました。

下地が出来ましたら、着色ですが、

この色出るかな?

なんとか近づけられましたが、陽射しがもろにはいるので

角度によって若干色の違いが出てしまいました。

ドア枠のペンキ剥がれも、本来でしたらペンキの方が良いのです。

ペンキに補修やさんが使う着色剤を塗ると、溶剤ショックで

変な事が起きることがあります。

溶剤でペンキを一度溶かしてしまうのでしょう。

字の通りですね。

そのことを分かっているので、溶けないように、

なんとか仕上げました。